注意したほうがいいサイトの特徴

オンラインカジノについて

オンラインカジノというのは世界中で利用されており、サイトの数は数百種類とも1000サイトとも言われているほど沢山のサイトがあります。

 

大手と呼ばれているところから新進気鋭の新たに立ち上げたサイトなど幅広く存在している中で中にはあまり良い評判を聞かないサイトも存在します。

 

日本でもオンラインカジノの認知度は徐々に広まってきているのですが、日本人は危機管理が低いといわれており騙されてしまう人も多いです。

 

日本が安全な国だからこそ騙されやすいというのがあります。

 

そこでここではオンラインカジノサイトでもあまり利用しないほうがいい、利用するにあたっても注意が必要なところを紹介していきます。

あえて利用する必要はない

わざわざ危ない橋を渡る必要はないので、怪しいサイトには近寄らないようにするのが一番です。

ライセンスを取得していない


オンラインカジノは政府や領から発行されるライセンスを取得しないとそもそも運営をしてはいけません。

 

これは過去に悪徳業者が乱立し、取り締まってもすぐに他の業者が出てきてしまった為に国が主体となってライセンスを発行することで健全化を図りました。

 

つまりライセンスを取得していないということは無許可で営業をしているわけです。

 

無許可で営業をしているサイトが優良サイトな訳がありませんから絶対に利用してはいけません。

 

またライセンスと一言で言っても取得難易度が違ったりします。これは車の運転免許と同じで、国によっては簡単に取れたり、逆に非常に取るのが困難な国もあったりするのと同じです。

 

比較的簡単に取れると言われている中南米系のライセンスを取得しているサイトは気をつけたほうが良いですし、最初は分からないと思いますので避けておいたほうがいいでしょう。

 

審査が厳しくて評価の高いライセンスを発行しているのが

  • イギリス(UK)
  • ジブラルタル
  • マン島
  • マルタ共和国
  • キュラソー島

初めて利用するという人はこの国や領で取得されているサイトを利用するのが間違いないでしょう。

ソフトウェアが古い


オンラインカジノを運営しているサイトとゲームであるソフトを開発している会社は別です。

 

ソフトウェア会社も数多く世界中に存在をしているわけですが、やはり最新のソフトウェアを導入していないで古いゲームしか使えないのは嫌ですよね。

 

日本のパチスロは毎週新台が出るほどめまぐるしく新しいソフトは出てきますが、海外はそこまで早いサイクルではないです。

 

それでも何年も前の台を未だに新台扱いにしているようなところは利用しないほうが良いでしょう。

 

またソフトウェア会社にも大手企業が存在しており、ソフトウェア会社の中にはオンラインカジノの運営会社と提携する際に厳しい審査をクリアしたところだけしか結ばないというところもあります。

 

ソフトウェア会社で有名な会社といえば

  • Microgaming(マイクロゲーミング)
  • playtech(プレイテック)
  • NetEnt(ネットエント)

非常にオンラインカジノでは有名なソフトウェア会社で大手サイトならば必ず1つか2つは入っているので確認してみましょう。

 

特にマイクロゲーミング社は厳しい審査を設けていると言われていて過去にマイクロゲーミング社と提携したオンラインカジノが潰れた時の負債をすべてマイクロゲーミング社が補填したというのはこの業界では伝説となっています。

サイトが更新されていない


オンラインカジノというのは常に新しいゲームが導入されたり、イベントが行われています。日本のパチスロでも新台入荷だったり、イベントごとが開催されていたりしますよね。

 

オンラインカジノでも同様に様々なイベントが行われていたり、曜日や日にちによってもキャンペーンが開催されていたりと常にプレイヤーを楽しませる工夫がされています。

 

プレイヤー側としてもイベントがあったほうが盛り上がりますし、賭けてみようという気持ちになると思います。

 

しかし、サイトが更新されていない、1・2日ならばまだしも1週間何も更新がされていないというのはもはやサイトに力を入れていないのではないか?って考えられます。

 

どうせならば盛り上がっているサイトが良いと思いますので更新が行われていないサイトは利用しないほうがいいでしょう。

日本語が変、文字化けしている

オンラインカジノでは徐々に日本人プレイヤーの数が増えてきています。

 

また日本人は大のギャンブル好きでもあり、パチスロの市場規模が19兆円でカジノ市場が18兆円と言われていて市場規模で言えば世界のカジノ市場を超えているほどです。

 

それだけ多くの人がギャンブルに興じているわけで、オンラインカジノ側としても日本人をより多く利用してもらいために日本語化対応をしています。

 

しかし、オンラインカジノの中には変な日本語で中国や韓国語が混じったような表記がされていたり文字化けしているサイトがあります。

 

やはり利用する側としてはしっかりと日本語で書かれているサイトのほうが安心しますし、オンラインカジノの中には日本人スタッフが常駐して対応をしてくれているところもあります。

 

どっちを利用する?ってなったら常駐しているほうがいいですよね。日本人スタッフが対応をしてくれているサイトを選びましょう。

まとめ

どんな業界であろうと、どんなサービスであろうと必ず大なり小なり悪徳業者だったり、怪しいサイトというのは存在します。

 

オンラインカジノはライセンス制度を設けていますが、それでもライセンスを取得してから不正行為を働く可能性もあるわけです。

 

怪しいと思ったらとりかく近づかないことが一番です。

 

沢山のサイトがあるわけですからしっかりと見極めた上で利用しましょう。

コメント