テキサスホールデムポーカーのルールとゲームの流れ

カジノゲームのルール

日本でも人気の高いトランプゲームはポーカーです。

ただ、日本で普及しているポーカーはドローポーカーと呼ばれているもので、世界中でプレイされているテキサスホールデムポーカーとは違います。

また、ポーカーの場合は役(ハンド)を覚えたりするので最初は覚えることも他のカジノゲームよりも多いです。

しかし、ポーカーのルールを覚えたらプレイヤー同士の熱い戦いを楽しむことが出来ます。

ポーカーフェイスの語源になったと言われているポーカーは熱い心理戦が醍醐味です。

テキサスホールデムポーカーのルールとゲームの流れについて説明をします。

テキサスホールデムポーカーのルール

ルールの簡単な説明としては、プレイヤーが配られた2枚のカードと共有札の5枚の計7枚を組み合わせてその中から5枚で役を作り、その中から誰の役が一番強いかを競うゲームでもあります。

例え自分の手が悪くてもブラフ(嘘)を使ってさも手があるように見せたり、本当は良い手なのに焦燥した顔を見せたりとゲームの役以上にお互いの駆け引きをしていく心理戦がポーカーの醍醐味でもあり、プレイヤー同士の対決を白熱させてくれるゲームです。

最初はどの役(ハンド)が強いのかを覚えたりする必要があります。

テキサスホールデムポーカーの役(ハンド)の強さ

ポーカーの役【ポーカーハンド】は9種類あります。上から順にハンドの強さとなっていて揃えるのが難しくなります。

・同じマークの「A、K、Q、J、10」の揃った最強ハンドの【ロイヤルストレートフラッシュ】

・同じマークの、なおかつ連続した数字の5枚の【ストレートフラッシュ】

・4枚が同じ数字の【フォーオブアカインド(日本ではフォーカード)】

・「ダイヤ」「クローバー」「ハート」「スぺード」同じ柄のカードが5枚ある【フラッシュ】

・連続した5枚の数字【ストレート】

・同じ数字3枚とペアの組み合わせの【フルハウス】

・3枚が同じ数字の【スリーオブアカインド(日本ではスリーカード)】

・同じ数字のペアが2つある組み合わせの【ツーペア】

・同じ数字のペアが1つの【ワンペア】

・何も出来ていない状態の【ハイカード(日本ではブタ)】

最初にこの役と強さをざっくりでもいいので覚えておくことが大切です。

プレイしながら覚えておくようにしましょう。

テキサスホールデムポーカーの用語

・「ベット」・・・その場にチップを賭けること。チップ額も同時に声出し、他のプレイヤーに伝える。

・「コール」・・・その場に賭けられている金額に合わせて同額のチップをベットすること。

・「チェック」・・・賭け金を賭けず次のプレイヤーに回すこと。

・「フォールド」・・・ゲームを降りること、この時点で負けが確定となり、それまでの賭け金は失われる。

・「レイズ」・・・賭けられている金額にさらにチップを上乗せすること。チップ額も同時に声を出し、他のプレイヤーに伝える。

・「リレイズ」・・・他のプレイヤーがレイズを行った場合、リレイズ金額よりもさらに上乗せすること。チップ額も同時に声を出し、他のプレイヤーに伝える。

・「オールイン」・・・手元にある全チップを賭けること。

・「ミニマムベット」・・・ゲームを開始するための必要な最低限のチップ額。

・「ミニマムレイズ」・・・レイズする際の最低の額。

用語などテキサスホールデムポーカーならではの用語があるのでしっかりと覚えておきましょう。

ゲームの進め方

テキサスホールデムは、合計4回のラウンドに別れてゲームが進められます。

・第1ラウンド(プリフロップ):1回目のベッティング

手元に2枚のカードが配られた状態を第1ラウンドの「プリフロップ」といい、手元の2枚のカードから、チップを賭けて勝負を行うかゲームを降りるかの選択をします。

・第2ラウンド(フロップ):2回目のベッティング

ディーラーは、山札の一番上のカードを1枚捨てます。絵柄や数字が万が一見られても大丈夫のように捨てるルールです。一番上のカードを捨てて、場札に5枚のカードのうち3枚のカードが表向きに並べられます。この状態を、第2ラウンドの「フロップ」といい、手元にある2枚のカード、ボードに並べられた3枚のカードから、チップを賭けて勝負を行うかゲームを降りるかの選択をします。

・第3ラウンド(ターン):3回目のベッティング

第3ラウンドのターンで、カードが一枚めくられて場札に4枚目のカードが表向きに並べられ、手元にある2枚のカード、ボードに並べられた4枚のカードから、チップを賭けて勝負を行うかゲームを降りるかの選択をします。

・第4ラウンド(リバー):4回目のベッティング

第4ラウンドのリバーで、場に5枚のカードが表向きに並べられ、手元にある2枚のカードとボードに並べられた5枚のカード、計7枚のカードの中から最も強いポーカーハンドを作ります。この時、チップを賭けて勝負を行うかゲームを降りるかの選択をします。

全てのラウンドが終了したときに、ゲームを降りずに残ったプレイヤーは、手札を開き自身のハンドを見せ合い一番強い役を作った人が勝者です。

まとめ

テキサスホールデムポーカーは日本のドローポーカーよりも多少ゲームの進め方が違いますのでドローポーカーに慣れている人は違和感を覚えるかもしれません。

また、ポーカー自体をしたことがないという人は最初にルールや手札を覚えることが面倒と感じるかもしれません。

しかし、それ以上にテキサスホールデムポーカーを覚えればプレイヤー同士が楽しめると思います。

ラウンドを追うごとに役を変えていき、最後の最後で一気に役の強さが変わるということもあります。

そして役の強さを悟られないようにポーカーフェイスでいたり、あえてスキを作ったりするのも面白いです。

オンラインカジノでもトーナメントなどが開催されて優勝賞金なども出るのでぜひとも役や用語を覚えるのは大変かもしれませんが、それ以上に楽しめるのでぜひとも覚えてプレイしてみましょう。